起業家支援プログラム:選ばれる理由起業家支援プログラム:セミナー情報起業家支援プログラム:参加者の声起業家支援プログラム:入会案内

USER'S VOICE 参加者の声


aya-profile-pic6


Vol.2 松原 彩子 氏(ATREVIDA GROUP) 

 

今回マナビストで紹介する起業家の方は、

ATREVIDA GROUPの代表である松原 彩子 氏です!

 

『 ファッションコンサルティング 』

グローバルに通用するオシャレをご提案します!

という目標を掲げ、

パーソナルコンサルティングを行っております。

 

Q1 事業内容を教えて下さい 

 

2007年より、Loca Cherry アパレルネット通販を開業
主に、ドレス、ワンピースを販売
現在はアウトソーシング型で運営
http://www.rakuten.ne.jp/gold/locacherry/

2013年より、Atrevida Group コンサルティング事業を開始
グローバルに活躍されたい社長さんや、その役割を任せれている方を、
「ファッションの真髄は心・技・体」というテーマを通して、

ファッションコンサルティング
複数のパートナーと共にコンサルティング
http://www.atrevidagroup.com/

 

Q2 経営者になろうとおもったきっかけは何ですか?

 

前職を退職後、

『次は絶対に自分が好きなクリエイティヴな仕事に就こう』

と決意してたが、望む仕事に就けなかった。

 

『それなら自分で仕事を作ってしまおう!』と思ったことがきっかけで

今の会社を立ち上げたそうです。

  

Q3 なぜ、プレジデントアカデミーを選ばれたのですか?

一番最初に参加したセミナー「社長の仕事」での浜口のひと言

「経営は5年目までは偶然でも成り立つ」に感銘を受けたから。

 

昨年起業してから、ちょうど5年目を迎えており、

経営って何?」と、漠然とした不安を抱えていた。

そして、なぜか自分の実力ではないような気がどこかにあったのだそうです。

 

 

松原氏は、こう語っておられました。

——————————————————————————————————-
実際、私は起業当時ブームだったものに乗って商売を始めていた。

「経営は5年目までは偶然でも成り立つ」と聞いた瞬間、

心の中で「やっぱりそうですよね」と納得し、とてもしっくりきました。

起業してからずっと自分の勘を頼りに行動してきましたが、

目隠しをされたような状態で、手探りで何かをしているような感覚でした。

商売人家系に生まれ育ったので、

小さい頃から感覚的に経営というものは学んでいたとは思いますが
私には、ビジネスを設計をするというスキルがありませんでした。

 

——————————————————————————————————-

 

 

Q4 学ぶ上で大切なことはなんですか?

 

『日常の中の些細なことからでも、普段人とお会いしている時でも、

               学ぼうという姿勢を常に保つことが大切だ』

 

と、松原氏は言います。

 

 

セミナーや読書、好きな音楽の歌詞、色んなことから吸収し、

そして「良い!」と思ったことは即マネをする。
学び続ける為に、時代の変化や流れには、抵抗しない事がモットー。

 

物事が思い通りにうまく進まない時は、

もっと良いこと、もっと良いやり方が他にあるというサインであると捉え、
学びのチャンスであると考えを切り替えるようにしていると、

 

とてもポジティブなご意見を頂きました。

 

 

『ネガティヴなことは、必ずポジティヴに転換させるために、存在する』

ここが、松原氏の行動力の源なのです。

 

Q5 これから学び続けて経営者を目指す人々に一言お願いします!

  

「成功とは、追うものではなく、後からついてくるもの」

こればかりはやってみないと分からないので、

自分を信じて、大胆に挑んでください!
私も今、新規事業をスタートさせています。

また0からですが、頑張ります!

皆さんもがんばってください(^-^)

 

Interviewr’s Voice

 

皆さまの原動力は何ですか?

 

松原氏の考え方を参考にして、

思ったことをどんどん行動に移していきましょう!

 

 

*ファッションについて興味のある女性の方々は、チェック!

>>> http://www.rakuten.ne.jp/gold/locacherry/

 

(Ryo Nakashima)

 

 

Hinosan


Vol.1 日野 良威 氏(デザインアーキテクト株式会社) 

 

今回マナビストで紹介する起業家の方は、

デザインアーキテクト株式会社の代表取締役である日野 良威 さんです!

「経営にITスキルを駆使できる経営者を、10,000人輩出する」

を目標に掲げ、ITに関するサービスを提供しています。

 

デザインアーキテクト株式会社の日野 良威 氏です!

 

Q1 事業内容を教えて下さい 

 

メインとしている事業は30億円規模くらいの企業の

『基幹システム開発と運用保守』

 

この事業体とは別に、経営者向けのIT教育事業に力を注いでいる。

 

Q2 経営者になろうとおもったきっかけは何ですか?

 

経営者を志したのは、学生時代に自分の生涯を考えた時。なにか世の中を一つだけ良くして死ねたら最高だなと考えていたのだそうです。そんな日野氏の学生時代は、YahooやGoogleが生まれた時期だったので、この新しい業界で新しい価値を作るべきだろうと考えていたと仰っていました。

  

Q3 なぜ、プレジデントアカデミーを選ばれたのですか?

 

プレジデントアカデミーを選んだキッカケは、

浜口が大阪で講演することが決まったから。

 

メイン事業のお客さまのために大阪に移ったが、

東京で受けれない歯がゆい時期があり、なんとかしたいと思っていたと語られました。

 

Q4 学ぶ上で大切なことはなんですか?

 

学ぶ上で大切なことは、自分の考え方とあう経営思想かどうか大切

と、日野氏は言います。

 

いろんなお金(サービス対価)の稼ぎ方があると思うが、

お客さまに対して自分のサービス提供する範囲を明確にし、その範囲に絞り込んで、

専門性を研鑽していくべきだというのが日野氏の考え方なのだそうです。

 

Q5 これから学び続けて経営者を目指す人々に一言お願いします!

  

経営者というのは、社会の中でもっとも大変な仕事だけど、もっとも楽しい仕事でもあると思います。自分の生涯かけて成したいコトをしっかり設定して、5年後の目標をしっかり立ててください。そしてさらに5年でどれくらいのお客さまをお手伝いしたいか人数の設定をしてみてください。迷ったらまずは100人のお客さまを満足させるという目標でOKです!がんばってください!

 

Interviewr’s Voice

 

皆さまは2年前のノートを保存していますか?

 

情報を残し、いつでもひきだせるようなシステムをつくっておけば、

経営の軌跡をみるのに、役に立つのではないでしょうか?

 

これからの経営には、ITスキルが必須だと思います。

「10年後も使えるIT知識」を伝えている日野さんから、

学んでいきましょう!

 

*6月25日に大阪でセミナーを開催するので、

 ご興味ある方は是非ともご参加ください!

>>>  http://osaka.president-ac.jp/premium/130625

 

(Ryo Nakashima)

 

 


Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.